1. Home>
  2. 製品情報>
  3. 金属探査>
  4. 不発弾・遺跡探査器

不発弾・遺跡探査器

FEREX(フェレックス)シリーズ

フェレックス

フェレックス 携行軽量3連プローブタイプ

フェレックス アメリカ合衆国の木造要塞跡調査データ

実績に基づいた革新的ソリューション

1937年に金属の磁力特性を研究していたFriedrich Förster(フリードリヒ・フェルスター)は地磁気が測定装置の検出コイルに干渉することを発見しました。彼は後にフェルスタープローブとして知られる磁気フィールドの超高感度測定装置の開発を始めました。今日まで続くこの原理に、FEREXフラックスゲート磁力計は基づいています。

この装置は、強磁性体によって乱される地磁気の状態を測定します。そして、鉄、鋼、ニッケルなどの強磁性体材料の確かな特定を可能にします。それゆえにFEREXは、第二次世界大戦の不発弾のような兵器の検出はいうまでもなく、考古学発掘や地球物理学研究にまで用いられます。

地中や海中に埋没した磁性体(含む木造遺跡)から生じた微弱な外乱磁界(地磁気に対する)も差動式磁力計で検知し、不発弾や文化遺跡物を探査、存在位置を特定します。


FEREXシリーズのメリット
・軽量で取り扱いが容易なフラックスゲートセンサ
・単1電池4本で4連型 12時間稼働
・RTK-GPS のデータを自動で読取り 位置情報・磁気データの簡便なデータ分析が可能
・埋没物体の深さ・大きさの推定可能な統合ソフト
・1台で水平・鉛直 両方の探査に対応
・0.1ナノテスラの業界最高 測定 解像度で 熱インパクトのない住居跡なども 容易に検知
・RTK-GPS システムとの連動により 100mm 間隔で磁気デ-タを自動保存
・空間フィルター装備のデータ表示分析ソフトウェアがノイズ除去・特徴抽出に威力を発揮
・スト-ンヘンジ、ウッドヘンジなど世界中で考古学調査実績 木造遺跡に威力を発揮

基本仕様
・4チャンネルまで装備可能なデータロガー
・地表探査用ハンディタイプ1チャンネルシステム
・受動型差動式磁力計、垂直コンポーネント
・鉄を含む手榴弾など不発弾探査
・地磁気痕跡探査
・高感知感度
・地表面付近構造の高い解像度
・メンテナンス不要のテンションバンドセンサー
・4つの測定チャンネルを搭載した総合データロガー
・10ヘクタール以上の探査面積のデータを収納
・ボーリング穴評価ソフトウェア
   FEREX DATALINE BM搭載1チャンネル式ボーリング穴探知システム
・マルチチャンネルシステムも提供
   3または4個のキャリー型
   ホイール付きタイプ
   車輌設置型の広範囲探査用Foerster MULTICAT
・データ評価・表示用ソフトウェア Ferex DATALINE

アプリケーション例
・不発弾探査
・遺跡探査
・埋立地の金属廃棄物探索
・港湾・河川の不発弾探索
・港湾・湖・沼・河川に沈んだ潜水視認不可の車両等の位置特定

 本製品に関するお問い合わせ・資料請求はこちらから

FEREX(フェレックス) API

特殊フィルターを組込んだアナログメーター付き探査機。
追加仕様
・対外来ノイズ用特殊フィルター実装
・小物体の検知信号抑制モード導入
※基本仕様はFEREX項目をご参照下さい。

アプリケーション例
・不発弾探査
・遺跡探査
・送電線近くの探査
・フェンスやパイプライン/鉄道沿いの探査

FEREX(フェレックス) DLG

探知データ保存用データロガー付き探査機。
追加仕様
・直接信号表示とデータロギング機能搭載
・複数プローブシステムへの拡張対応可能
・DATA2LINEソフトウェアによるデータ評価
※基本仕様はFEREX項目をご参照下さい。

アプリケーション例
・不発弾探査
・遺跡探査
・フェンスやパイプライン/鉄道沿いの探査

FEREX(フェレックス) API/DLGボーリング孔探知器

鉛直坑での磁気異常点の検出等に役立つボーリング孔用探知器。
追加仕様
・FEREX APIの延長
・FEREX DLG/DLG KARTOの延長
・10気圧防水のプローブケーブル
・深さ測定装置
・ソフトウェアDALALINE BM(データラインビーエム)によるデータ評価
※基本仕様はFEREX項目をご参照下さい。

アプリケーション例
・不発弾探査時の鉛直方向位置特定
・埋立地深部の金属廃棄物探索
・地層の垂直探査(鉛直探査)
・磁気(電磁)検層

FEREX(フェレックス) DLG KARTO

GPS測位・探知データ保存用データロガー付き探査機。
追加仕様
・直接信号表示とデータロギング機能搭載
・複数プローブシステムへの拡張対応可能
・DATA2LINEソフトウェアによるデータ評価
・接続されたGPSによって、直接測位マッピング機能実装
※基本仕様はFEREX項目をご参照下さい。

アプリケーション例
・不発弾探査
・遺跡探査
・フェンスやパイプライン/鉄道沿いの探査

FEREXプローブホルダー

キャリー式とホイール式のモジュラー多プローブ対応ホルダーシステム。
追加仕様
・FEREX DLGまたは DLG KARTOの拡張キット
・3または4プローブシステム
・軽量構造によるエルゴノミック設計
・プローブ間隔選択可能
・車輪セットにアップグレード可能
・GPS対応システムに拡張可能
※基本仕様はFEREX項目をご参照下さい。

アプリケーション例
・不発弾探査
・遺跡探査
・フェンスやパイプライン/鉄道沿いの探査

FOERSTER MULTICAT

FEREXシステムを用いた広大な範囲用探査システム。

追加仕様
・オフロードに対応する頑強に設計された複数プローブ用トレーラー
・探査幅:2m / FEREXプローブ間隔:0.25 or 0.5 m / 搭載プローブ:標準4台(最大8台)
・最大10km/hの探知速度に対応
・検査位置判別用マーキングユニット有り
・DATA2LINEソフトウェアによるデータ評価
・基本システムで1日25ヘクタールの処理能力
※基本仕様はFEREX項目をご参照下さい。

アプリケーション例
・不発弾探査
・遺跡探査

DATA2LINE 製品ファミリー

DATA2LINE 4.810 Basic

フェレックス

拡張プロジェクト管理ツール。
 詳細情報はこちら

基本仕様
・地点参照データの後加工、マッピングおよびレポート出力
・色分け式2Dおよび3Dデータマップ
・データセットマージング、削除および加工
・データ改変、オフセット修正、平均ゼロ補正
・局地的および地点参照座標系
・マーキング、コメント、サイズ判断に最適な拡張グラフィックツール
・連携した情報階層から成るマルチレイヤービュー
・一般的なファイルタイプを全てカバーするデータのインポート&エクスポートインタフェース
・拡張印刷機能(タイル貼け方式)
・MS-Officeの文書を文書リストから開いて直接加工

DATA2LINE 4.810 UXO

フェレックス

拡張プロジェクト管理ツール。
 詳細情報はこちら

基本仕様
・2Dデータセット、サイズ、深さ、および方向性の判断に基いて対象物を計算
・対象物の計算方法を手動と自動から選択
・発掘リストの生成
・対象物のパラメータに応じて発掘リストをフィルタリングおよびソーティング
・DATA2LINE 4.810 UXOを使用するにはDATA2LINE 4.810 Basicソフトウェアが必要

DATA2LINE 4.810 GEO

フェレックス

拡張プロジェクト管理ツール。
 詳細情報はこちら

基本仕様
・データフィルター用追加ツール(メディアン、ハイ/ローパス、2DFFT、Wallis)
・DATA2LINE 4.810 GEOを使用するにはDATA2LINE 4.810 Basicソフトウェアが必要

DATA2LINE BM

DATA2LINE BM

 詳細情報はこちら

鉛直探査用ソフトウェア。

DATA2LINE BMモジュールは、鉛直探査掘削孔で記録された地磁気データから地磁気異常点の正確な位置、深さおよび大きさを評価するソフトウェアです。強磁性特異点の位置は、三角測位によって算出されます。

基本仕様
・利点の概要
・地磁気異常点の位置、深さ、大きさの評価
・探査掘削孔の位置と深さの後修正
・探査掘削孔の位置に地理的座標を付与
・全ての標準的探査掘削孔のテンプレート
・深さ測定データの読み込みと評価
・物体のリスト作成とエクスポート
・異なる深さ断面の地磁気異常点地図の表示

 本製品に関するお問い合わせ・資料請求はこちらから