1. Home>
  2. ソリューション & アプリケーションノート>
  3. 粉末金属>
  4. 部品

部品

 粉末金属の目次のページに戻る

高付加価値部品の焼結工程の品質監視

複雑な部品は焼結によって製造されることが増えており、大量生産では、焼結が従来の金属鋳造に代わる経済的な代替手段の役割を果たしています。高品質の粉末金属、細部まで精確な金型、精密に制御された焼結工程は、完璧な品質の、機械的に堅牢な部品を製造するための必須条件です。こうして製造された部品は、自動車分野をはじめとする多くの産業用途で使用されています。

FOERSTERの検査・測定装置は、原材料である粉末金属の 品質を検証し、グリーン・コンパクト(圧粉体)のプレス成形と焼結工程を監視するのに役立ちます。

検査対象の部品には以下が含まれます。

  • ファスナー
  • ハウジング部品
  • トランスミッション部品
  • 駆動装置
  • アクチュエータ

FE焼結部品

コスト面の理由から、複雑な形状の部品は焼結により製造されることが多くあります。これにはハウジングやファスナーなど軟磁性の部品、駆動装置やモーターなど機械的ストレスを受ける部品が含まれます。

FE(鉄)粉末の原材料品質および焼結前後の粒のサイズと均一な分布は、製造される部品の強度や耐摩耗性などの機械的特性を決定する要因となります。

これらのパラメータは保磁力の測定値と相関があります。KOERZIMATは、粉体品質の評価から焼結工程の評価まで、製造工程全体の監視に使用できます。

グリーンコンパクト(圧粉体)

等方加圧による事前加工段階で、すでに空隙のない優れた材料密度を達成することは可能です。KOERZIMAT測定システムは、製造の初期段階でも粒のサイズと分布、密度の情報を得ることができます。

これらの情報は製造工程の管理に必要不可欠なパラメータです。

MIM(金属射出成形)部品

金属射出成形は、射出成形後に焼結して高品質の金属部品を製造する、費用対効果の高い代替手段です。この方法では、原材料粉末と、焼結による結合の両方の品質を評価するために保磁力を使用できます。

アルニコ(AlNiCo)磁石

アルニコ磁石の製造工程では、適切な粉末金属のプレス加工と焼結も必要です。原材料粉末金属の品質と焼結時の構造(磁化可能なコバルトフェライト介在物を含む非磁性金属グリッドから成る)を、KOERZIMATを使用して評価できます。ここでも保磁力と磁気飽和との相関を評価に用います。

硬貨ブランク(素材)の検査

硬貨は、耐用期間中に多くの人の手を経て多くのことに耐えなければなりません。そのためブランク(素材)が正しく焼結されていることが重要です。焼結品質を監視するための重要なパラメータは、材料密度と表面品質です。モバイル検査装置SIGMATESTは導電率を介して間接的に密度を測定します。焼結品質が良好なら、導電率は比較的高くなります。高周波を利用して、サンプルの表面空隙率をランダムに監視することもできます。

複雑な量産部品の微細構造検査

複雑な量産部品は高速で製造されます。しかし成形やキャリブレーション(校正)など焼結工程の全ステップが正しく行われたかを確認することは重要です。MAGNATESTDを使用すると、稼働中の生産ライン上の部品を直接、全数連続検査できます。この検査では、材料に渦電流を誘導させる貫通コイルに部品を通過させます。異材混合や焼結工程の欠陥があると、結果として生じる試験電圧は基準部品と大きく異なります。これにより欠陥部品が検出され、自動的に選別されます。

使用される商品

(1) KOERZIMAT® 1.097 MS (2) KOERZIMAT® 1.097 HCJ (3) SIGMATEST® (4) 貫通コイル (5) MAGNATEST® D

 粉末金属の目次のページに戻る

 本製品に関するお問い合わせ・資料請求はこちらから